労働トラブルの種類

能力不足や適格性欠如、成績不良の場合

会社としては、就業規則で配置転換などについて規定しているところが多いでしょう。逆に、この配置転換の規定がない、ということであれば問題です

ポイント
就業規則に配置転換が書かれていること
勤務地限定社員でないこと
その配置転換が権利濫用でないこと
業務上の必要性がどの程度あったのか
①があった場合でも、不当な動機目的で行われたものでないか
通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものでないか
解 説

上記のほか、代償として措置を取ったのか、適正な手続を踏んだのかなど、多くの審理要素があります。

転居を伴う転勤は、労働者にとっても、大きな負担となります。会社としても問題の起こらないように事前から、様々な手を施さなくてはなりません。