労使問題Q&A

出向と転籍の違いは何でしょうか?

出向と転籍はどう違うのでしょうか?どこに気をつければいいのでしょうか?
大きな差は、雇用先企業を法的に退職するか、しないか、というところです。

出向とは、労働者が自己の雇用先の企業に在籍したまま、他の企業で相当期間にわたり当該他企業の業務に従事することを言います。一方、転籍とは、労働者が自己の雇用先の企業から他の企業へ籍を移して当該他企業の業務に従事することを言います。

しかし、実務では、出向なのか転籍なのかその差が明確に区別されて使われていないようです。

形式的に転籍となっていても、雇用先へ戻れるような約束がなされていれば、これは、実質的には出向と解されます。退職金が支払われているか、出向期間の約束がなされているか、元の部門の廃止による異動であったか、前例を見て戻れる可能性があるのか、などさまざまな事情を考慮して実質的に判断するべきです。

なお、出向も転籍も指揮命令の主体に変更が生じることや、労働条件の変更を伴うため、その命令には労働者の同意が必要であるとされています。その際、包括的な同意でよいのか、個別同意を必要とするかについては、一概には言えないのですが、労働者の自己の雇用先への応募がその企業での職種や場所、内容、企業名を希望して就職した者である以上、包括的同意だけでは足りないと解するべきでしょう。

出向と転籍を比べれば、一度退職をして、新たな雇用先へ入社するという2段階の行為が必要な転籍は出向に比べ、より厳格な基準が必要になりますが、出向に関しても、念には念を入れることに越したことはありません。

就業規則で「会社は、業務上の必要性に基づいて、労働者に対し出向を命じることがある」とした上で、出向先を特定すること基本的な労働条件を明示すること、復帰に関して明示すること、入社時に出向について労働者に説明をしておくことなどが無用なトラブルを起こさないことへとつながるでしょう。