すずきに聞きたい!

退職後の傷病手当金の受給
 病気療養中の従業員(被保険者期間が1年以上)がこの度、退職したいと言ってきました。退職後も、傷病手当金が支給されるのでしょうか?
資格喪失後にも傷病手当金を受給するためには、「資格喪失の日前(退職日)まで」に傷病手当金の支給が開始されていないといけません。---前提1
傷病手当金は、待機期間(療養のための労務不能となった日から継続した3日間)をおいて労務の提供の無い第4日目=(支給対象日)から支給されます---前提2
→退職日までに支給対象日があれば継続給付になる

?資格喪失の日前療養のため労務不能の状態が3日間連続している場合のみでは、受給できない

傷病手当金が受給できるパターン

退職日が支給対象日である

退職日前に支給対象日がある

退職日が支給対象日である


傷病手当金が受給できないパターン

支給対象日がない

支給対象日がない

(以下、原則です)
傷病手当金とは、健康保険の給付のひとつです。(業務上災害、通勤災害を除く)
被保険者本人が病気、怪我などの療養のために仕事を継続して3日休業して、給与を受けられないときは、4日目から欠勤1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額を1年6ヶ月の範囲で受けられる制度です。
傷病手当金を受けるには、
療養のために
労務不能であり
継続した3日(欠勤・公休日・年次有給休暇いずれも可)の待期期間がある。
の3つの要件を備えていることが必要です。
傷病手当金は出産手当金の支給を受けられるときはその期間の全部、休業中、給与が支払われていたときはその期間の全部又は一部が、支給停止されます

 上記コラムに対してのご意見は、office@sr-suzuki.jpまでお寄せ下さい。顧問先以外の方からのご質問には、お答えできません。ご了承下さい。