ネット・さかみち

すばらしき時間/大畑 真奈美

映画はおもしろい。
何度観てもおもしろい。
よって、何度も観ることになります。
1回目は、字幕寄り後方に座ります。
なぜなら、字幕につい集中してしまうからです。ここだと、集中していても視野に映像全体が入ります。
2回目は、中央前方に座ります。そうです・・・、映画の世界に入るのです。
3回目は、後方中央に座ります。 ゆったり、演出者の保護者か!という感じで見守るのです。
そうすると、様々な映像効果や監督のこだわりが解った気になります。
しかし、3回目になると自分の気に入ったシーン等は覚えているので、それ以外はぐっすりと眠ることとなります。このような過ごし方のチャンスは週末にやってきます。
土曜日の夜こそオールナイトや先行ロードショーが行われるからです。
私はこうして日曜日の朝を迎えます。
晴れ晴れとした気持ちで朝日を浴び、さらに晴れ晴れとする日曜日を過ごすのです。
土日は2日間なのに、3日分楽しめます。このお得なプランはいかがでしょう?
ただの映画バカなのか・・・?
いや、違うな、ただのヒマ人なのである。
とはいえ、映画がすばらしいものであることは確かである。

2003年 さかみち 10号より
back close next